ドロマイトクリンカー

 
img_product_01
葛生産ドロマイト鉱石を原料とし、ロータリーキルンで高温焼成(1800℃)されたもので、製綱用耐火材として使用されています。当社のドロマイトクリンカーは、耐消化性及び耐蝕性に優れており、永年にわたる実績と信頼を得ています。また、当社は国内唯一のドロマイトクリンカー生産業者です。
 
 

【ドロマイトクリンカーの品位】

表1.化学成分(代表例)

SiO2 Al2O3 Fe2O3 CaO MgO P Ig.loss
一般品 0.6 0.14 5.8 61.0 32.1 0.0037 0.3

表2.物理的性質(一般品)

真比重 かさ比重 気孔率 重量 安息角 耐火度
3.4 3.2 3% 1,750t/m3 32° >SK-42

表3.粒度分布

10~7mm 7~5mm 5~3mm 3~2mm 2~1mm <1mm
5~1mmサイズ 0 1 52 31 14 2

(%)

 
 

【ドロマイトクリンカーの用途】

①熱間補修用炉材電気炉の炉床

スラグライン及び除滓口等の補修

②冷間補修用炉材

電気炉炉床の小・中・大修理用スタンプ材として、単味もしくは、マグネシアクリンカーと併用され、乾式にて使用している。弊社では、「ニューコート」の商品名で製造・販売しております。 尚、築炉時にても乾式炉床用イニシャル施工材として用いられ、多くの実績を上げております。

③吹付補修材の原料

吹付材の種類・グレードは多種にわたりますが、最近とくにスラグの浸潤防止や耐用のバランスを図る目的で、ドロマイトクリンカーを骨材として配合されるウェイトが高くなっております。弊社では、「キャスボン」の商品名で製造・販売しております

④耐火レンガの原料

レンガ用としては一般品と特殊品とがあり、特殊品は更に高温の焼成技術をもって製造しております。

⑤その他

耐熱用ベルトコンベアー、添加剤等